株式会社日本能率協会マネジメントセンター
イベント情報

事業横断

「働き方改革」時代における若手教育を考える
~「イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2017」から見た実態と対策~

2017年08月04日(金) 13:30~16:30 (受付開始 13:15)

開催日 2017年08月04日(金) 13:30~16:30 (受付開始 13:15)
会場 トラストシティカンファレンス仙台・ルーム6
980-0811
宮城県宮城県仙台市青葉区一番町1-9-1
トラストシティプラザ5階
詳しくはこちら
定員 20名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費 無料
若手の成長に必要な要素とは?
内定率や有効求人倍率の上昇など、学生優位の 「売り手市場」が
続いています。そのような中、 優秀な人材を早期に発見・獲得する
ために、人工知能(AI)を活用する企業も出始め、求めている
人材の「選定」や「育成」に新たな動きが見られます。

近年の若年層は、幼少時からインターネットに親しみ、不況や
グローバル化による格差社会を経験していることもあり、
特有な労働意識を持っていると言われています。

JMAMでは、そのような若年層の思考性や労働意識を把握し、
採用や育成におけるヒントを探るため、昨年度から
新人の「働き方」と指導者の「接し方」 に関する実態調査を
おこなっています。

本セミナーでは、上記調査で見られた特徴を紹介しながら、
入社後に経験を通じて成長していくために必要な要素や
企業側の関わり方について実例を交えてご紹介します。
皆さまからのお申込・ご参加をお待ちしております。
プログラム
1.イマドキ若手社員の仕事に対する意識調査2017

 ・マネジャー・新入社員が育った時代と影響要因

 ・全国紙・ビジネス誌で語られる「若者」のキーワード

 ・新人の「働き方」と指導者の「接し方」を知る(調査報告)



2.これからの若年次教育のあり方
 
 ・経験を成長に繋げる「仕掛け」「姿勢」「習慣」のつくり方
 
 ・若手社員の成長をデザインする
 
 ・独り立ちをサポートする教育担当者の役割
 
 ・事例紹介

※本セミナーでは参加者同士による情報交換の時間を設ける予定です
※内容は予告無く変わる場合がございます
スピーカー
株式会社日本能率協会マネジメントセンター
カスタマーリレーション部
注意事項
※個人または同業の方のお申込みはご遠慮いただいております。予めご了承ください。
※ブラウザがIEの場合、バージョン8以下だと表示できない可能性があります。その場合は、「jmam_seminar@jmam.co.jp」 までお問い合わせください。
お問い合わせ先
カスタマーリレーション部
セミナー事務局
jmam_seminar@jmam.co.jp