株式会社日本能率協会マネジメントセンター
イベント情報

働き方改革

「社員の幸せ」から考える働き方改革
幸福学の第一人者 前野隆司教授ご登壇
幸せな社員は創造性3倍、労働生産性1.3倍を解説

2019年04月23日(火) 10:00~12:00 (受付開始 09:30)

開催日 2019年04月23日(火) 10:00~12:00 (受付開始 09:30)
会場 ベルサール東京日本橋
103-6005
東京都中央区日本橋2-7-1
東京日本橋タワー4F
詳しくはこちら
定員 100名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
参加費 無料
開催のご案内
 働き方改革関連法が可決・成立し、2019年4月から「時間」「健康」「賃金」などの面で見直しがなされていきます。

それは「働きやすさ」という労働環境面を整えることと同時に、働く一人ひとりの「働きがい」を高めていく重要性も増しているといえます。

 本セミナーでは、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の前野隆司教授をお招きし、
「社員の幸せ」という視点から多様な働き方を支援していくためにできることを考えていきたいと思います。
プログラム
・なんのために働き方改革をするのか?

・働き方改革の近道は「幸福度を上げる」こと

・幸せな社員は創造性3倍、労働生産性1.3倍

・幸せの4つの因子

・幸せ度が高い企業の特長
スピーカー
慶應義塾大学 大学院 
システムデザイン・マネジメント研究科委員長・教授

前野 隆司 氏

東京工業大学大学院を修了後、キヤノン株式会社にエンジニア職として勤務。
その後、カリフォルニア大学バークレー校機械工学科訪問研究員、慶應義塾大学理工学部機械工学科教授などを経て、現職。
システムデザイン・マネジメントの見地から「幸福」の研究をおこなっている。

著書
・「脳はなぜ「心」を作ったのか」(筑摩書房、2004)、
・「錯覚する脳―「おいしい」も「痛い」も幻想だった」(筑摩書房、2007)、
・「幸せのメカニズム-実践・幸福学入門」(講談社現代新書、2013)、
・「システム×デザイン思考で世界を変えるー慶應SDM「イノベーションのつくり方」」(日経BP、2014)
など多数。
注意事項
※個人または同業の方のお申込みはご遠慮いただいております。予めご了承ください。
※ブラウザがIEの場合、バージョン8以下だと表示できない可能性あります。
  その場合は、「jmam_seminar@jmam.co.jp」 までお問い合わせください。
お問い合わせ先
JMAM主催セミナー お問合せ窓口
jmam_seminar@jmam.co.jp